「母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記」

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記 単行本 – 2017/8/3
松浦 晋也 (著)
43件のカスタマーレビュー(感想のレビューも参考になります。)

この本を強くおすすめします。
母親を介護してきた50代の独身男性の手記です。

私は主婦ですが、認知症のことをよく知らなかったので、著者のとまどいや苦悩、母親が認知症だとは認めたくない気持などが、とても共感できました。また、いつのまにか通販でサプリメントやグッズを申し込み、届いた時には覚えていないなど、同じ体験をしてきました。いちいち電話で解約するのもしんどかった~

これからますます介護が必要な人が増えてきます。
介護する、しないに関わらず、最低限の介護知識が誰にも必要です。

50代の独身男が介護で家庭に入ると、どうなる?

「わたしは科学技術が専門のフリーライターとしてこれまで仕事をしてきたのですが、ここ3年近く認知症の母の介護に関わって、仕事ができず収入がかなり落ち込んでいました。母を施設に入れて一段落したので、そろそろ仕事を再開しなくてはと日経ビジネスの担当に相談したら、その介護の体験を書きましょうと言われたんです」

先日、『母さん、ごめん。』を刊行した松浦晋也さん。独身50代の男性の視点で、同居する母親の認知症発覚からはじまる体験を描いた本書は、松浦さんの仕事柄か、これまでの介護記と違って、筆致の冷静さが際立っている。

「認知症は、本当は徐々に悪化しているのでしょうが、介護者の体感としては一定の期間が過ぎるとガクンと悪化します。そのガクンとくる期間を1章分として、各章で自分の体験、医療についてや、役立った情報などをかたまりとして入れるように意識しました。介護の途中からこれはネタになると、記録もすべて取っていました。大変なことになっている自分を、どこか客観的に見ている自分がいましたね」

インタビューでは落ち着いて語る松浦さんだが、本書で描かれている状況はかなりタフだ。

介護のストレスは、ひとつひとつは大したことではないんです。ですが一滴一滴コップのなかに水が溜まるように積み重なっていきます。しかもしなければならないことが増えていき、終わりがない。家事も排泄の処理も、できないわけではないので、自分でやれると思っているうちに、追いつめられていってしまいます。私には連絡できる弟妹がいましたし、ケアマネージャーにも頻繁に相談していたので、最後は施設に入れる決断ができましたが、ずっとひとりで介護していたら、なかなかドラスティックな決断はできなかったかもしれません」

記事はWEB連載中から話題になり、コメント欄は大賑わいだったという。

「女性はずっと介護を担当してきたんだとのご指摘にはその通りと頭を垂れます。その一方で自分の体験を通じ、介護の問題は日本社会全体で考えねばと痛感しました。高齢者は増える一方で、財政や伝統を理由に介護を家族間にと主張する政治家もいますが、実際に介護のために家庭に入れば、その人の収入は途絶えます。日本のGDPもまた、それだけシュリンクしていく。将来的にみると現実的ではないですね」

評者:「週刊文春」編集部
(週刊文春 2017.10.05号掲載)Amazonレビューより

 

「母親に、死んで欲しい」: 介護殺人・当事者たちの告白

「母親に、死んで欲しい」: 介護殺人・当事者たちの告白 単行本(ソフトカバー) – 2017/10/18
NHKスペシャル取材班 (著)

Amazon 内容紹介

いなくなれば、介護が終わる……
最愛の人を手にかける――彼らを追い込んだものは?

今、日本では2週間に一度「介護殺人」が起きている。
老老介護、多重介護、介護離職……高齢化ニッポンで避けては通れない「介護」。
肉親への献身から始まったはずが、なぜ悲劇へと変わり果てたのか――。
全国で起きた事件から見えてくる、決して他人事ではない、
当事者の口から赤裸々に語られる「終わりなき介護」の実態!

はじめに

第一章 介護は突然、始まった
CASE1 「私は母のことを、母の皮をかぶった化け物だと思っていました」
CASE2 「まさか自分が妻を介護するなんて、思っていませんでした」

第二章 別人のようになった妻でも離れたくない……
CASE3 「夫婦である以上、別居は考えたくなかった」
CASE4 「私がいなくなったら、妻一人では、一日も生活できない」

第三章 夫の介護は、私しかできない
CASE5 「後悔はしてない。悪いことしたとは思うてる。でも、ああするよりほかなかった」
CASE6 「今しかない、今しかない、お父さんを殺るのは今しかない」
CASE7 ~介護に身を捧げた女性たち~「家族が何人いても、結局介護者は一人だけです」

第四章 介護離職の先にあるもの
CASE8 「仕事を辞めずに介護ができれば一番良かったと思います。でもそんな方法があったのか」
CASE9 「かわいそうだから、殺してあげようと思った」

第五章 事件の境界線はどこにあるのか
CASE10 「結局、逃げたもの勝ちなんですよね」
CASE11 「介護を始める前の自分は、もう死んだんだと。そう思ってるんです」

第六章 悲劇を未然に防ぐことはできるのか

終章 介護殺人を追って

あとがき

『大往生したけりゃ医療とかかわるな』


『大往生したけりゃ医療とかかわるな』 (幻冬舎新書)
中村 仁一
幻冬舎 2012-01-28

数年前のベストセラー本です。
TVやラジオでも取り上げられていました。
私も読みました。

著者の中村仁一さんは72才(当時)、現役の医師です。
長年、老人ホームに勤務してきたので、年を取って死んでいく場面に数多く立ち会いました。

そして、15年前から「自分の死を考える集い」を始めました。
この本では、寿命のきたお年寄りに対する、過剰医療、人工延命の問題点についての考え方をまとめてあります。

中村先生が考える「医療の鉄則」です。

1.死にゆく自然の過程を邪魔しない。
1.死にゆく人間に無用の苦痛を与えてはならない。

日本人の医療に対する期待にはスゴイです。

・治療に関する思い込み度テスト
(信頼度テストともいう)

1.ちょっと具合が悪くなると、すぐ医者にかかる。
2.薬を飲まないと病気はよくならない。
3.病名がつかないと不安。
4.医者にかかった以上、薬をもらわないと気が済まない。
5.医者は病気のことなら何でもわかる。

6.病気は注射を打った方が早くよくなる。
7.よく検査をするのは熱心ないい医者だ。
8.医者にあれこれ質問するのは失礼だ。
9.医者はプロだから、自分に一番いい治療法を教えてくれるはず。
10.大病院ほど信頼できる医者がたくさんいる。

11.入院するなら大病院、大学病院の方が安心できる。
12.外科の教授は手術がうまい。
13.マスコミに登場する医者は名医だ。
14.医学博士は腕がいい。
15.リハビリはすればするほど効果が出る。

どうですか?あなたはいくつ思い当たりますか?
私は3.と15.でした。

最近はほとんど病院に行っていません。

去年は歯医者が一回、アレルギー外来(花粉症)が一回でした。虫歯が出来たのでそのうち歯医者に行こうかと思います。

中村先生は、若いときと年を取ってからは、医療にかかる考え方が違うと言います。
年を取ってからは、なるべく穏やかに死を迎える工夫をすることが大切だそうです。

たとえば、ガン検診の早期発見・早期治療は必要ありません。
中村先生はガン検診を受けないように努力しているそうです。
私も同感です。

先生のモットーは「治療の根本は、自然治癒力を助長し、強化することにある」です。
ですから、解熱剤や鎮痛剤を使ったことがありません。
これらを使うと、治りが遅くなるからです。

「 今やガンは2人に一人がかかり、3人に一人は死ぬ病気です」と言われていますが、ガンは老化現象ですから、高齢化が進めば進むほど、ガンで死ぬ人が増えるのはあたりまえです。
超高齢化社会では、全員がガンで死んでも不思議ではないのです。

よく、ガン検診で見つかったら手遅れだったと聞きます。
ガンが痛いなら、どうしてそんなになるまで気がつかなかったのでしょうか?
なんとなく感じていても、病院に駆け込むほどではなかったのでしょうね。

長生きも結構ですが、どんな状態で生きるかが重要です。
チューブや機械につながれて苦しみながら長生きしたいでしょうか。

「ガンで死ぬんじゃないよ、ガンの治療で死ぬんだよ」と先生はいいます。

・ガンにも老衰死コースがある。

先生も老人ホーム勤務になった当時は、ガンの末期は猛烈に痛むものと思い込んでいました。ですから、末期患者が来たらどうしようかとビビッていました。

しかし、年寄りの手遅れのガンに何例も出会っているうちに、余計な手出しをしなければ痛むことはないとわかってきました。そして、微笑みながら安らかな死を迎える人も多かったそうです。

これまでに70名ほどのガン末期患者を診ましたが、麻薬を使うほど痛んだケースは一例もありませんでした。

本人が高齢で、ほとんどぼけているので、家族の判断で、もう年だからこれ以上痛い苦しい思いをさせたくないとのことで、ほとんど何もしませんでした。

おかげで、ガンを放置した場合、どんな死に方をするかじっくり観察することができました。それで先生は「死ぬのは完全放置のガンに限る」と確信したのです。

私もこの本を読むまでは、老後に病気になったら病院で介護という拷問に会ってからでないと死ねないのだと思っていました。

この超高齢化社会では、、死は普通のことです。出来るだけ、手間もお金もかけず苦しまずに短期間で大往生したいものです。

『「平穏死」10の条件』

 

「平穏死」10の条件 「平穏死」10の条件
長尾 和宏
ブックマン社 2012-07-30
売り上げランキング : 11350
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『「平穏死」 10の条件 胃ろう、抗がん剤、延命治療いつやめますか? 』
2012/7/14
長尾 和宏 (著)

内容紹介

胃ろうを勧められたけど造るべき? 拒否したらどうなるの?
在宅医療に切り替えたいけど、病院は許してくれるの?
抗がん剤をギリギリまで打つことに意味はあるの?
食べたら死ぬよと言われたけど、最期くらい、食べてもいいのでは?
大病院のお医者さんには聞きづらい、あんなことやこんなこと。
その答えが本書に!

出版社からのコメント

あなたが、もしくはあなたの親が、不治かつ末期の状態になり、口から食べられなくなったり、飲めなくなったりした時、病院ではどんな治療が待っているか知っていますか?
死を先延ばしにするだけの延命治療で、よけいに苦しむケースがなんと多いことか!
500人を在宅で看取った現役の町医者だから言える、大病院の先生が教えてくれない、死ぬときの本当のこと。
Amazonより
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
著者は尼崎市でクリニックを開業しています。
365日24時間診療です。

インターン時代を含めると1,000人以上を看取りました。
その体験から、平穏死についての考え方をユーモアたっぷりに書いています。

私の父は88才で入院したら、胃ろうを作られ、水を飲んだらいかんと口の中にプラスチックを入れられて末期の水も飲めずに亡くなりました。
この本を読んでいたら、父にあんな苦しい思いをさせずに、自宅で穏やかに亡くなることが出来たのではと、悔やまれます。

本書は主に在宅を勧めていますが、それは病院に入院すると医者の意向が強くて家族の意見を通すことが難しいからです。
死にそうになるとつい慌てて救急車を呼びたくなるのですが、それもよく考えるようにと書いてあります。

死を迎えるときの様子など、具体的で、参考になります。

「活き逝き術のススメ―ニューシニアは語る」

活き逝き術のススメ―ニューシニアは語る
藤森 洵子 須之内 玲子

現代書館 2014-07
売り上げランキング : 802636

Amazonで詳しく見る by G-Tools

二人の著者は、高齢者問題の相談員です。
60代を迎えた団塊の世代、彼らをニューシニアと位置づけ、
ニューシニア世代の老年期の過ごし方をインタビューしました。

第1章は在宅介護を受けている人々4名のインタビュー
第2章は有料ホーム入所者のインタビュー 4名
第3章は介護経験者の声 4名
第4章はインタビュー後の感想

特養利用者はいませんが、お世話を受けている人の本音はなかなか聞けないものです。
周りに遠慮したり、気兼ねしたり、介護される人は弱者だな~と思いました。
自分がそうなったときについて考えさせられる内容です。

長い間、高齢者福祉に関わってきたプロの目線が貴重です。